恋路を横目で


明日は恵文社さんで、紙魚の市出店です。
京都、35℃ですって。あらまあ。
とはいえ野外ではないので、のびのびやろうと思います。
楽しみだなあ、ひさびさ出店。



相変わらず、いや加速度的にクイーンづいている私です。
こないだなど、「クイーン Tシャツ」で検索してしまいました。
着るつもりなのか。
自分がどうなってゆきたいのかわからない、いよいよ。
しかし、好きなものが増えてゆくって、いいですね。
たくさんの好きをいちどに持つことが難しく
めずらしく恋に落ちたらおのずと長いおつきあいの性分なので、
今まででは想像できないものを好む、新しい自分を客観視しておもしろがります。
今回のクイーンなど、まさに。
そう、こういうのもいけるくちなのね、私……
みたいな。
カウンターでの恋路を横目でながめるスナックのママ的な、
こういう楽しみがしばらく味わえそうな予感がします。










夏の好きなところはたくさんあるけれど、
とりわけ日が長いところと、空の色がとてもきれいなところです。
空にあるものが、全てくっきりして見えるんですよね。
雲はそのふわふわを手に取れそうなくらい立体的に、
風に吹かれてちぎれたところのりんかくまでぱきっと見えたりして。
日が沈んでまもなくのマジックアワーもこんなに幻想的な色の重なりあい、
空を見るなら夏だなあとしみじみうれしく思える最近なのでした。






0 件のコメント:

コメントを投稿