諦念のフレンチトースト


先日、健康診断に行ってきました。
血液検査などの細かい結果はまだ先なのですが、
体重が1年で3㎏増えてしまったことが発覚。
ちゅ、中学生の時ぶりの数値………
健診終了後、ああああ、と脳内で叫びながらお店に入り
ああああ、と脳内で叫びながらふらふらと品物を選び
ああああ、と脳内で叫びながらお会計を済ませて退店したら、
傘を忘れました。
いや、お店の入口にあった鏡に映った人が
いつもにまして丸顔に見えて………そこに、気をとられて………
そうか、1年ぶりに履いたズボンがぴっちぴちのぱっつぱつだった(気がした)のとか、
最近の鏡に映った自分の顔がなんとなくふくふくと柔和なおももちだった(気がした)のは、
雰囲気的な、ニュアンス的な、フレーバー的なものではなかったということかい。
(あら、気づくチャンスはいっぱいあったのですね)
なんというか、雨に濡れたこいぬというか、
檻にとじこめられたゴリラというかのそんなイメージにて、
悲しさと諦念をひたひたに全身に染み渡らせたフレンチトーストのようになりながら、
(なんかもう、ぱっと出てくるたとえがぽっちゃり発想)
せめて、せめて………と、3駅分を歩いて帰ったのでした。










すこし珍しいアクセサリー、イヤーフックです。
眼鏡のつるのように、耳にひっかけて使います。
アマゾナイトと桃色に染めたジェード、コットンパールを束ねました。
重そうに見えますが、イヤリングやピアスと違って
耳全体にかけるので、それほど負荷は感じません。




イヤリングではあまり重さのあるものはつけにくいので、
ピアス穴の開いていない方が、耳元にボリュームを持ってきたい時には
こういうアクセサリーがうれしいですね。





0 件のコメント:

コメントを投稿